アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
チラシの裏
ブログ紹介
Blog再開とか書かない。
たぶんまたすぐ更新止まるから。
zoom RSS

LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE バックステージツアーに行ってきた

2014/05/31 22:40
LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE -The Unfinished MOON- バックステージツアーに行ってきた

※注意※
チラシの裏程度の内容です。
ツアーで説明頂いた内容は意訳です。
ニュアンスが異なる部分や,場所の話が前後している箇所があるかもしれません。
私の知識不足のため,酷い誤った言い回しになっているかもしれません。


5月2?日〜5月29日15時30分くらい?までの間に,特定のタワレコ及び5/26スレ限でアルバム「A WILL」を購入した方の中から,抽選で10名が招待されたLUNA SEAバックステージツアーの内容及び感想を簡単にまとめる。
(写真はtwitterにあげてます。)

私の当選した抽選シリアルNOカードには「17時45分 国立代々木競技場第一体育館 渋谷門集合」とあったので,10分前に該当箇所に到着。
しかし,係員らしき人も他の当選者らしき方もおらず焦る。カードに書かれたTEL番に電話するも話し中。困った・・・

すると,A WILL Tシャツを着た当選者と思われる方がいらっしゃったので,ちょっと安心。
おかしいですね・・・5分前なのに係員らしき方誰も来ないですね・・・と話していると,その方の友人から電話が入り,集合場所は原宿口のタワレコ特設販売所に移動になったとのこと。
ほぼ同じタイミングで,私のTwitter宛にも集合場所変更のリプが届き,急いで原宿口へ移動。
原宿口は渋谷門のちょうど反対側なので,時間に間に合うように爆走。
(Twitterで当選番号アナウンスする時に,集合場所の変更もお知らせして欲しかったよね・・・あと,よくよく見たら,当日配布されたシリアルNOカードには「渋谷口集合」と印刷されてあった。)

慌てまくったものの,集合時間にも間に合い,バックステージツアー用のパスを受け取って,屋内プール入口の横「渋谷口」へ移動。
当選者は女性8名で,バックステージツアーの案内者は(株)LUNA SEA A&Rの牧様でした。
(最近では先日発売された国技館スレ限DVDの解説を書かれている方で,A WILL発売前の試聴会で解説&質疑応答をして下さった方です。因みに,私は試聴会は落選しました。)

まず,撮影・録音禁止等々の諸注意を受けた後,渋谷口から中に入り受付カウンターに案内して頂きました。
「ここは所謂『関係者入口』で,各種招待客が受付をすることろです。」
カウンターには3〜4人係の方がいらっしゃって,私達が説明を受けている最中も,関係者の方が訪れていました。

「代々木体育館は本当に久しぶりで〜」とご説明頂きながら,下手ステージ裏へ移動。
移動の際に通った廊下には各種機材の箱がズラリ。その中の一つに「RYUICHI」と書かれたビニールテープが貼られた箱を発見(^ω^)

機材廊下を進んだ先が少し開けていて,そこで代々木体育館と前回の「NEVER SOLD OUT」について説明頂きました。

(以下要約)
前回LUNA SEAがここ(代々木体育館)でライブをした当時は,空調設備がなく,場内の湿度が高く,とても音源を収録できるような状態では無かった(水滴・水分が音を吸収するそう。)。
でも,今は空調が整備されたので,録音にも耐えうる(今回も会場でネバソ2等を購入した方は,当日のライブ音源がDLできる券が付いてました。)。
前回のネバソを作製した当時,ツアーで初めて又はめったに行かない土地で,ライブ音源を録音する試みをやっていた。だから,鳥取が入ってた。
Twiceを入れたかったけど,収録音源が無かった。というのも,ツアーで初めて又はめったに行かない土地では「Aセトリ」(シングル曲を中心とした,所謂定番セトリ。)だったため,鳥取等々では演られず,録音もされていなかったため。
逆に頻繁に行く地方では「Bセトリ」(レア曲含む。)だったそう。
また,他のバンドではよくバクステツアーをしているところもあるようだが,LUNA SEAは今回が初めて。今後またこのような機会があるかも!?とのこと。

(今回のツアーでも,レア曲が聴けるのは,関東,大阪,名古屋あたりかもしれません。楽しみです(^ω^)

さらに少し進むと下手側のステージ裏に到着。
「今回はここから5人はステージに上がります。」(一同,おおおぉ〜!!)

私達が「気合い入れするのはどの辺ですか?」と尋ねると,「ん〜多分この辺りじゃないかな〜」ということで,一同その場所でニヤニヤ(笑)
(ステージの真裏から少し下手寄りの開けた場所。実際どこだったのかな。)

楽屋ゾーン入口まで移動する間のいたるところに「ROOM OF LUNA SEA→」の張り紙がしてありました。
楽屋ゾーン入口手間が上手ステージ裏入口になっていて,「やっぱりSUGIZOなんかは今日も17時過ぎまでステージで調整してましたよ。」とご説明頂くと同時に,黒幕の隙間から,入場し始めたお客さん達の様子を見せてもらいました。

楽屋ゾーン入口のすぐ手前に弦楽器のチューニングルームがあって,中を覗かせてもらうと,スタッフさん達が腹ごしらえ中でした。
楽屋ゾーン入口で見学の準備が整うまえで少し待ち,いよいよ楽屋ゾーンへ!!!

黒い幕をくぐると廊下を挟んで両サイドの部屋(ロッカールームかな?)が各種楽屋になってました。
廊下の床には黒絨毯がひかれ,各部屋入口の幕も全て黒!黒!黒!
もーこの光景が見れただけでニヤニヤというか大興奮でした(笑)

「今回,左側この部屋がドレッシングルームになってて,右側が控室で〜」と説明を受けていると,
ん!?んんっ!?廊下の先に居らっしゃるのは!!!!RYUICHIさん!!!!
こちらに気付いた様子で,「こんにちわ〜」「楽しんでいって下さいね〜」と笑顔で手を振って私達の前を通り過ぎてドレッシングルームに入っていかれました!
本当に部屋に入る最後の最後まで私達の方に手を振って下さって!!!!
(ソロの河村隆一ではなく,LUNA SEAのRYUICHIさんに間近で会えたのは初めてで,心の中であ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛〜ってなってましたw)

その後,ドレッシングルーム横のケータリングルームを案内して頂いて,中に入る前にチラッと振り返ったら,今歩いてきた廊下の先にJさんががが!!
こちらに気づいては居たようですが,忙しそうにスタッフさんと話をしながら何処かへ消えていかれました。

ケータリングルームについては,朝来る人もいれば,夕方の人もいるので,各種食事が何時でも温かくたべれるように準備されてます。
と解説頂き,せっかくだから記念に(笑)とミネラルウォーターのペットボトルを頂きました。
その際,参加者の一人の方が「何と!メンバーと同じ釜の水を!ありがとうございます!」と言ってたのがツボでした(笑)
また,A WILLについての説明や,質疑応答の時間も設けて頂きました。

(以下要約)
amazon等のレビューは見てます。もちろん厳しい意見もあるが,お褒めの感想も多く頂いていて,製作者としては本当に嬉しいです。
ドキュメンタリーを撮ってるので,今回もこうしてカメラがついてきてます。
(↑お願いだから,私達全員をいかにもな感じでぐるっと撮影するのは,やめてっ><;糞ブスもいるんだから・・・)
(来年は海外ですか!?という質問に対して,)のこ大勢のスタッフを海外に連れていくのはね・・・(ちょっと大変かも。)
(でもTシャツにはSTAFF FOR JAPANとありますが・・・!?これは他の国の名前も入るのでは!?と追加質問に対して,)
最近は,SUGIZOやINORANが呟くと本当に世界各国からすぐ反応があって〜南米ブラジルなんかからも!
あと,終幕中も違法にアップロードされた動画ではあるんですが,結成間もないライブハウスでの映像なんかにも,多くの反応があって〜
まぁ,今後のことはまた徐々に発表していきますので!

どのタイミングだか忘れてしまいましたが,上手ステージ裏から場内に入って,SLAVEシート前の生中継用のカメラがあるゾーンも見学させてもらいました。

楽屋ゾーンを出たところがちょうど上手の売店コーナーのところだったので,そこでバックステージツアーは終了。
チケットをお持ちでなかった方は,チケットを購入して解散。
バックステージ中ずっと着いてきていたカメラさんがお友達2人で参加されていた可愛い子ちゃんに,ツアーの感想をインタビューしていました。
私は自重してさっさと場内に入って着席しました。


25thの記念ライブでこんな貴重な体験ができて,本当に嬉しかったです。最高でした,感無量でした,感謝感激でした。
本番前の貴重なお時間を使ってご案内頂いた全ての方々,ありがとうございました。
自分の誕生日が5月27日なので,26日のスレ限に当選したのと合わせて,人生最高の誕生日プレゼントになりました。
こういった業界に全く関わりのない人にとって,バックステージツアーはとても貴重な体験だし,行ってみたい人は大勢いると思うので,次回があることを願います!

重ね重ね,ありがとうございましたm(__)m



(以下裏話。)
今回のバクステツアー,発表されたのがライブの直前。しかも,対象となるCDは半年前に発売済みのA WILLとあって,発表当初,私の周りやTwitter等々では,「10名って,そんな宝くじ倍率のために,既に持ってるCD買えないわw」とか,「運だめしに1枚買ってみようかな。」という常識的かつ理性的な意見が多く見られた。私もそう思った。
しかし,一見宝くじ倍率のように思えるが,前述の意見のように,バクステツアー目的の購入者ってほとんどいないのでは!?とすれば,大量買いすればかなり確率が上がるはず!
そして,配布枚数が少なければなおいいんだけど・・・ということで,大量買いを決行。タワレコ秋葉原店で5枚,タワレコ渋谷店で3枚,スレ限会場で5枚,当日に2枚,合計15枚(全て通常版)購入。当選券はタワレコ渋谷店の1枚。
結果発表は,SLAVEさん達が集まってた赤坂見附の某ロックカフェで,確認しました。見つけてくれた○○ちゃん,ありがとうございます(^ω^)私,眼が泳いでて全然確認できなかったw
当選してるのが分かった瞬間,キャーーーーーーーーーアーーーーーー!!!!みないなとてつもない奇声を発したもんで,隣に居たお兄ちゃんがドン引きしてたよねwww
因みに,スレ限会場で1枚買って当選した方1名,当日1枚買って当選した方2名,他の方は知らない。大量買いして当選したの私以外にいないのかよw
私の場合,「当たった(受動)」というより「当てた(能動)」感じなので,Twitter等々で,「幸運!」「おめでとう!」とリプ下さった方々にちょっと後ろめたいというか,恥ずかしいというか(笑)。


Twitter:@1KAKU
mixiキーワード:lonnosuke
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

チラシの裏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる